紙をやめてネットワークを活用

紙ベースの手作業によるインボイスおよび支払の処理が、買掛金チームの作業スピードを遅くさせ、その結果コストがかかり、サプライヤを不安にさせています。そんな時SAPアリバを利用すれば、チームの業務をペーパーレス化して買掛金を自動化し、サプライヤからの問い合わせ件数を大幅に削減することができます。SAPアリバの買掛金ソフトウェアソリューションは拡張性のある定期契約サービスとして提供され、以下のことが可能になります。

  • 世界中のサプライヤとの電子的なつながり
  • 処理や承認の時間を短縮
  • インボイスの精度を確保
  • キャッシュフローの向上
  • コスト削減
  • 早期支払割引の活用

SAPアリバを活用することで、適切なベンダーに適切な金額を、適切なタイミングで支払っているという確信が持てるようになります。ただし、まず最初にすべてのインボイスデータを電子形式に取り込む必要があります。現在どのような形でインボイスデータを受け取っていても、紙データと電子データが混在していても、私たちが今すぐサポートいたします。その方法については、以下を行うことができる買掛金ソフトウェアソリューションをご覧下さい。

SAPアリバのインボイス管理

すべてのインボイス(発注書ベースのインボイス、発注書ベースでないインボス、間接材調達物のインバオイス、サービスインボイス)で、プロセス上の複雑な点を減らしコンプライアンスを徹底します。SAPアリバにしかないスマートインボイスを利用すれば、インボイス処理が自動的に進みます。

SAP Ariba Payables

SAP Ariba Payablesソリューションには、以下の機能とサービスが含まれます。

  • AribaPay - サプライヤに包括的な送金通知書を提供し、電子支払いの内容をそれぞれ目で確認できるようにすることで時間とコストを削減します。
  • 割引 - 余剰資金を、コラボレーションをな生かしながら双方に利益が得られる形で動的割引に運用すれば、何百万ドル規模の早期支払割引を受けることが可能です。
  • サプライチェーンファイナンス - サプライヤが必要に応じて資金にアクセスできるようにすることで、流動性リスクを低減してサプライチェーンのコストを抑えます。
  • 運転資金管理サービス - 運転資金に隠れた実質的価値を見つけることを一番に考えて、有能な専門家がお手伝いします。

 

お気軽にご相談ください

SAPアリバの買掛金ソフトウェアソリューションを利用して、貴社とサプライヤをどうサポートするかについて、専門家へのご相談を希望される場合は、 こちらからお問い合わせください。