テクノロジー要件

まず始める際に必要なのはウェブブラウザとインターネットだけ

最低限のテクノロジー要件を満たしていれば、Ariba Networkで顧客と発注書やインボイスのやりとりをすることができます。必要なのは、デスクトップコンピュータやモバイル端末など、インターネットに接続できるデバイスだけ。アカウントを開設してAriba Networkのプロフィールを作成したら、ご利用のウェブブラウザからSAPアリバにログインするだけで、すぐにビジネスを始められます。

取引件数が多い場合はシステムの統合を

Ariba Networkで多数の顧客と取引をする必要がある場合は、貴社の取引処理システムをAriba Networkと統合するのが最も効率的です。統合は必須ではありませんが、商取引の自動化や合理化を実現するうえで多いに役立ちます。

分かりやすく言うと、電子的統合によって、Ariba Networkにおける貴社と貴社の顧客のビジネスアプリケーション間の自動的な双方向コミュニケーションを実現するということです。貴社のシステムをSAP Ariba Networkと統合すると、次のようなことが可能になります。

  • 顧客の発注書が貴社のオーダープロセスシステムに自動的に表示されます。
  • 注文品を発送すると、顧客に出荷通知が自動送信されます。
  • 貴社の売掛金システムから顧客の買掛金システムへインボイスが自動送信されます。

 

メリット

上記のような方法で取引を行うことにより貴社にもたらされるメリットを挙げてみましょう。Ariba Networkを利用すると、コミュニケーションに関して以下のようなメリットが得られます。

  • スピードアップ
  • 正確性が45~60パーセント向上
  • コストを60~75パーセント削減
  • 顧客満足度が向上
  • 顧客維持率が向上

コミュニケーションのスピードと正確性が向上すると、支払いを受け取るまでの期間も短縮されます。Ariba Networkと電子的に統合されたサプライヤは、売掛金回収期間を平均で15~20パーセント短縮しています。

たとえば顧客と直接1対1の電子接続を確立するなど、他にも顧客とつながる方法はいくつかあります。しかし、Ariba Networkと電子的に統合すると、以下のようなことが可能になります。

  • Ariba Networkに参加している大手購買組織のすべてとより簡単につながることができます。
  • 異議の申し立てがあった場合に、貴社と貴社の顧客の双方がシステムにログインし、同じドキュメントを同時に参照することができます。
  • カタログ、PunchOutサイトなどのテストとデバッグのツールを利用できます。
  • 貴社と顧客に必要なすべての取引タイプについてサポートを受けられます。

 

統合の方法

貴社の組織で直接接続が可能な場合は、以下のいずれかの方法を用いたAriba Networkとの統合をSAP Aribaがサポートします。

方法

最適なケース

cXML

  • 取引量が多い
  • 人間が読めるデータ構造
  • 未統合
  • 既存の統合機能

EDI

  • 取引量が多い
  • 既存のEDIインフラストラクチャ

CSV

  • インボイスのみ
  • 取引量が多い
  • cXML/EDI用インフラストラクチャがない
  • Ariba Networkへのアップロードを手動でする必要がある

 

プレゼンテーションを見る

タイトルをクリックした後、オプションを選択するとプレゼンテーションを見ることができます。

                                           cXMLプレゼンテーション

 

PlatinumおよびGoldサブスクライバ向けのその他オプション

Ariba Networkに多数の取引先を抱えるPlatinumあるいはGoldステータスのAriba Networkサブスクライバで、統合する自社インフラストラクチャーをお持ちでない場合は、統合時のSAP Aribaの貴社テクノロジーへの適応をサポートするリソース(下記)もご利用いただけます。

  • Dell Boomiを利用したAriba Integration Connector:貴社のバックエンドシステムへの迅速な接続を可能にし、手作業を削減するとともに、顧客へのより効率的な対応を支援します
  • 貴社の成功を最大化する統合サービス:
    • Integration Express Consultationが、Ariba Networkでの最善の連携方法について貴社と貴社の顧客が同じ考えを持てるようにします。
    • Seller Integration Engagementが、Ariba networkへの接続自動化に必要な技術的専門知識、ガイダンス、実績あるフレームワークを提供します。

SAP Aribaは、統合プロセスの一環として、発注書と変更オーダー、注文確認書とキャンセルオーダー、そしてインボイスの処理システムについて計画を作成します。また、貴社がテクノロジーやバイヤーとのつながりに関する要件を満たしていることを総合的に証明し、あらゆる差異を特定します。これらの作業完了後、お客様と連携しながら、貴社の統合プロジェクトのスケジュールを作成します。

次のトピック...