貴社のサプライヤを検索してつながる

Ariba Networkにすでに参加しているサプライヤとつながる方法を以下にご紹介します。

サプライヤ照合分析

SAPアリバでは、貴社のベンダーマスタリスト(すべてまたは一部)を分析し、Ariba Networkのサプライヤとして登録済みの企業があるか確認することができます。登録済みのサプライヤであれば、SAPアリバのサービスを熟知しているため、簡単につながることができます。ご利用については、担当のカスタマーエンゲージメントエグゼクティブにご連絡ください。

Ariba Networkには絶えず新しいサプライヤが追加されています。これまでに分析を行ったことがある場合でも、繰り返して実行されることをお勧めします。

サプライヤイネーブルメントサービス

SAPアリバが、貴社のサプライヤイネーブルメントプログラムの体系化と管理をサポートします。このサービスには、以下のいずれか、またはすべてが含まれます。

  • ウェーブ計画/飛行計画のベストプラクティス
  • アウトリーチ
  • コミュニケーション
  • 統合
  • カタログ

お客様に必要なサポートやサービスの開始などにつきましては、 カスタマーエンゲージメントエグゼクティブがお手伝いします。

バイヤーのお客様向けSupplier Self-Nomination

Ariba Networkでは、貴社のサプライヤが貴社を見つけることも簡単です。以下の手順をご覧ください。

まずプログラムを選択

  1. Ariba Networkにログインして、Administration(管理)を選択します
  2. 設定を選択します
  3. Supplier Self-Nominationを選択します
  4. フォームに必要事項を入力し、送信します

加入プロセスの詳しい説明はこちらをご覧ください。

続いて、サプライヤからの申請を確認

  1. Ariba Networkにログインして、Supplier Enablement(サプライヤイネーブルメント)を選択します
  2. Active Relationships(有効な関係)を選択します
  3. つながりを申請しているサプライヤを確認します
  4. サプライヤからの申請を承諾または拒否します
  5. 内容を確認し、ホームに戻ります

申請を確認するプロセスの詳しい説明はこちらをご覧ください。

Self-Nominationプログラムに関するご質問やサポートにつきましては、担当カスタマーエンゲージメントエグゼクティブへお問い合わせください。

また、サプライヤとのつながりを設定する手順において、SAP Ariba Discoveryもぜひご活用ください。ここでは、Ariba Networkにすでに登録しているサプライヤのプロフィールの確認や、サプライヤのレビューの表示および送信をすることができます。

次のトピック...

新しいサプライヤを見つける