サプライヤのコストとメリット

サプライヤにAriba Networkへの参加を勧めると、まずその理由、メリット、そしてコストについて聞かれるでしょう。

ネットワークのつながりと自動化を通して購買発注から支払の全プロセスやその一部を改善するために、SAP Aribaのソリューションに投資しているとご説明ください。Ariba Network上でサプライヤとつながることにより、お客様もサプライヤも、処理時間の短縮やエラーの削減を達成し、例外を最小限に抑え、より簡単にコラボレーションを実現することができます。

また、行われる取引の量や種類によって、サプライヤ側にも多くのメリットがもたらされます。

  • 数回の発注を行うだけであれば、タイムリーかつ予測可能な支払いが主なメリットとなります。
  • やりとりする発注書や請求書が多いほど、正確さと効率の向上による時間とコストの節約が大きくなります。
  • ネットワークを通じてカタログにアクセスしている場合、バイヤーの中でもより高いプロファイルを持つことになり、販売が促進されます。
  • そして最大のメリットは、バイヤーがハッピーであれば、サプライヤもハッピーだということです。そうなれば、顧客として維持される可能性も高まります。

 

コストについて...

サプライヤのお客様向けのAriba Networkのサブスクリプションの形態と料金は、12か月間に同ネットワーク上で交わされる取引文書の数、自動化技術の適用範囲のほか、ビジネス面でどのようなサポートが必要かによって異なります。

Ariba Networkの利用が増えるとサブスクリプションレベルが上がり、コラボレーション、自動化、マーケティングにいっそう有利な機能やツール、サービスが利用できるようになります。

所定のサプライヤの料金算出方法については、こちらのページでサプライヤの拠点地域を選択し、料金表をダウンロードしてご確認ください。

次のトピック...

お客様の役割:変化を推進する立場