成功の測定とコミュニケーション

ステップバイステップのプロセス

連携取引のイニシアチブの進捗や効果の測定と、それに関するコミュニケーションは長期的な成功に不可欠です。これまでの経験から言えば、測定プログラムの設定、導入には少なくとも最初は決まった手順に従うことがきわめて重要なポイントです。

  1. プログラムのリーダー、ユーザー、およびエグゼクティブスポンサーを含むその他の関係者を判断。スポンサーが誰か不確かな場合は、この質問に答えてみましょう:このプログラムに資金を提供しているのは誰か?
  2. イニシアチブにともなう課題や目的、目標を関係者全員でしっかりと理解し認識を合わせてください。
  3. 協力して、目的と目標に合った重要業績評価指標 (KPI: key performance indicators) を設定します。測定できる事柄はたくさんありますが、最初は下記の表にある指標に絞りましょう。貴社の状況に最も当てはまるものを選んでください。
  4. 現状のベースラインを定義します。
  5. イニシアチブを導入し、リソースの目標とプログラムの目標を一致させます。
  6. 結果を報告(繰り返し)。

目的

指標

クラス最高値

処理効率
(買掛金と密接に連動)

自動的に対応できる支出の比率(%)

80%

電子インボイスの比率 (%)

67%

FTEあたりのインボイス

33,000

例外的なインボイスの比率 (%)

12%

インボイスの承認にかかる日数

4.1

タッチレスなインボイス処理

85%

コンプライアンス
(購買と密接に連動)

連絡漏れの削減

0.46%

管理下の支出の比率 (%)

55%

現金管理
(ファイナンス/財務と密接に連動)

割引の獲得

0.20%

運転資金

0.27%

 

次のトピック...

サプライヤの参加を推進