成功に向けて基盤を構築

貴社の連携取引プログラムの成功はサプライヤの参加にかかっています。そして、貴社のサプライヤが参加するかどうかは、貴社による連携取引コンプライアンスポリシーの確立やコミュニケーション、そして貴社の従業員がどの程度これを実施する準備ができているかにかかっています。この準備においては次の4つのことへの注意が必要です。

1.  リソース:主要な役割と責任

主要な役割を持つ関係者と彼らがプログラムに費やす必要がある時間の量を見極めましょう。以下の表はもっとも効果的であることが証明されている組織の構造を示したものです。

主要な役割

説明 / 責任

必要な時間量

スポンサー

プログラムの予算の責任者。 

10%

利害関係者

ポリシーの確立、ビジネスプロセスの定義、およびリソースの提供を支援する、購買、AP、IT、およびトレーニングにおける意思決定者。

15%

サプライヤイネーブルメントリード

部門横断的なチームを率いるプロジェクトマネージャー。 プログラムのサプライヤの数が500を超える場合は½FTEを追加。

100%

売掛金・買掛金リソース

マスターベンダーリストのクリーンアップやプログラム実行の管理者。

10%

ITリソース

システムのトラブルや統合テストに関する責任者。

15%

サプライチェーンマネージャー

サプライヤへのメッセージ送信、カタログや発注書についてサポートを行う人。

20%

これらの役割やそれぞれの責任についての詳細は、こちらをクリックしてください。

 

2. 利害関係者

利害関係者に継続的なプログラムへの協力を促すためには、Ariba Networkでサプライヤとの活発なやり取りを開始する前に、ミーティングを開いて貴社の連携取引ソリューションやプログラムの導入について話し合いを行いましょう。このミーティングの目的は、組織全体で以下のような理解や合意を確認することにあります。

  • プログラムの導入がどのように貴社の目的達成に役立つか
  • プログラムを導入する上での貴社の方針や、導入を見送った場合の影響
  • コンプライアンスの確保における各利害関係者の役割
  • プログラムの進捗状況の測定に利用される重要業績評価指標

貴社を担当するカスタマーエンゲージメントエグゼクティブやSAPアリバのその他の担当者が、貴社のミーティングの目的や議題に関するプランニングをサポートします。(議題の例については、こちらをクリックしてください) 。

 

3.  プログラムのリズム

貴社の供給ベースやプロジェクト規模、その他多数の内部的または外部的要因や影響など、プログラムの状況は時間とともに変化します。これは貴社の連携取引イニシアチブが短期的なプロジェクトでない理由の1つです。プログラムは常に進行中で、貴社の目的達成や業績維持のためには、アリバがプログラムの一連のプロセスやタイムラインを進展させるためのサポートを行うことが非常に重要です。以下に留意すべき重要な点をいくつか挙げます。

  • プログラムを開始した後、サプライヤを次々に呼び込むことを可能にするためには、継続的な活性化プロセスが必要です。
  • 貴社の勢いを維持するためには、ウェーブを週ごとまたは隔週ごとに予定するとよいでしょう。
  • 複数のウェーブのやり取りが重なることを避けるためには、それぞれのウェーブをできるだけ素早く完了する必要があります。

プログラムのリズムタイムラインの例については、こちらのデータシートをダウンロードをご覧ください。

 

4.  コミュニケーション

サプライヤにとってわかりにくいメッセージを送ってしまうことは、彼らによる参加の機会を容易に逃してしまうことにつながります。たとえば、Ariba Networkへの参加を要請する通知を受け取ったサプライヤは、当社のネットワークについて問い合わせることもあります。彼らが意見を聞いた貴社の人間が、アリバのプログラムについてあまり知らないと言ってしまったり、何らかの懸念を抱いていた場合、サプライヤが今後プログラムに参加する可能性は低くなってしまうでしょう。

このため、プログラムの成功を確実にするためには、社内のリーダーシップチーム、従業員、その他の社内チームなど、貴社の連携取引イニシアチブに関係する人々とのコミュニケーションが必須です。このコミュニケーションにおいては、以下の3つの重要な点を伝える必要があります。

  1. 貴社がビジネスのやり方を変えようとしていること。
  2. この変化はシミュレーションや短期的なプロジェクトではないこと。このプログラムは一時的なものではなく、ビジネスを根本的に変えるものです。Ariba Networkを導入した後は、紙ベースのプロセスへ戻ることはありません。
  3. 役割に関わらずあらゆる従業員とサプライヤが、プログラム導入による自分たちへの影響を理解し、プログラム成功を確実にするために役目を果たすことを期待されていること。

アリバでは、貴社が利害関係者に連携取引プログラムの開始を通知し、彼らにも参加を促すために利用できるメッセージテンプレートをご用意しました。こちらからダウンロードしてください。

 

次のトピック...